Contact us now
+1-888-846-1732

転職の理由、転職情報の得方

学生から社会人になる時は、夢があります。しかしいろいろな事情からしんどくなって退職される方が多いのが現実です。
人間関係がいやで退職というケースも目立ちます。会社に期待することに、人間関係の良さも重要なポイントになります。

実際に転職の情報はどのようなものがあるかお話します。ハローワークや求人情報誌、新聞の折り込み、ネット情報です。
仕事を探している方には、情報はとてもありがたいですね。転職を成功された方は、情報収集が上手です。
ネットなら家に居ながら、たくさんの情報がわかります。

できるだけたくさんのサービスに登録しておきましょう。カウンセリングでは、あなたの希望をしっかり話しておきましょう。前の職場で培った、能力を新しい会社で発揮できることが一番です。自分の資産だと思って、チャレンジしましょうね。

転職して失敗しました

今私はとても後悔しています。こんなにも働きにくい職場だなんて、思ってもいませんでした。本当はもっと気楽に働きたかったのです。

でもここまで、上司に期限をとりながら働くなんて嫌なのです。以前と全く変わりません。これだったら、転職した意味がないのです。私はこの転職は失敗だったと思っているのです。

ここには知り合いが働いていました。その話を聞いて、私もここで働きたくなったのです。それなのに、少し早まったみたいなのです。もっとしっかりと考えれば良かったのです。

でもまた転職なんてできません。転職したばかりで、辞める事もできないのです。でも今思う事は、以前の職場に戻りたいという事です。それだけなのです。

辛いですが、ここで我慢して働かないといけません。ストレスが溜まって仕方がありません。でもここでこの先も、頑張るしかないのです。

転職はどうあっても「覚悟」が必要

転職する際に大事なのは「覚悟」です。
というのは自信が違う職場へ飛び出していき、今までの経験はともかくゼロから又、再スタートするという事だけではありません。

「円満退社」という言葉がありますが、私の知る限りでは円満な退社などほぼ無いと言って良いと思っています。
どういう形であれ、抜けた穴をどうにかしなければならないというのは大変な作業を強いられる事に変わりはありません。
恨みを買う…というと大げさになりますが、やはり現場としては抜けた人員のリスクを他の人間が背負う事にはなるのですから楽しい話ではありません。

仮に替わりの人員が見つかった場合でも、教育を一から施さなければならないので替わりに入ってきた新人が一人前になるまではリスクを背負う事になんら変わりはありません。

ですので、一度でも転職を決めたならば元居た職場に迷惑がかかる事そして元居た場所には戻れない事、転職をする際はなるべくギリギリまで周辺には漏らさない様にする事です。

(転職が決まった際には責任者には一か月前までには伝えなければいけませんが)
確実に転職先での就職が決まるまではあたかも、これから永続的に元の職場で働く風を装う事です。
自分も周りも無傷な転職はあり得ない事を理解し、その上で自分に取ってよりよい環境での仕事と生活を獲得するのだと言う事を肝に銘じるべきでしょう。

50歳直前のリタイアと転職騒動です

50歳を目前に控えたある日、いきなり会社から個人宛の親展の手紙がわたされました。
全員なんだろうと思いながらそれぞれ見てみると、驚いたことに40歳以上を対象にリストラの募集でした。
それにはいかなる仕事の継続中であれ、プロジェクトリーダーであれ一切引き止めないし、強要もしないとありました。ご丁寧に本来の退職金と、割増金及びそれに伴う税の特典など、こまごまと書かれていました。

妻に言うべきか迷いましたが、しばらく時間もあったので黙っていて次の仕事のことなど考えていました。
そしてある日考える余裕もあまりなくなったときに、いきなりリストラで「会社を止める」と宣言をしました。もちろん家族中が驚き、その日から家中が騒動になりましたが、結局説き伏せて退職しました。

そして某コンビニの門を叩き、直営店を任されました。伸びると思った私は退職金をつぎ込み、権利を買い取り頑張りました。幸い競合店が出にくい立地だったこともあり、妻の恨み節はとも角何とかやっています。
最も妻は、勤めていた会社を止めずにそのまま勤めていますが、私は店で頑張っています。

転職したいわけではありません

今の仕事が嫌ではないのです。転職したいわけでもありません。でも刺激が欲しいのです。今の職場では、その刺激がないのです。

いつも同じ事をしています。コピーをとる事、書類をホッチキスで留める事、ほとんど雑用なのです。これって私じゃなくても、誰でもできる事なのです。でも私は私にしかできない仕事をしたいのです。誰からも必要とされる、そんな仕事がしたいです。

だからといって、転職を考えているわけじゃないのです。この仕事でも、刺激があったらいいのです。それがないので、今とても悩んでいるのです。このままでいいのか、もっといい仕事があったら是非してみたいのです。

転職もいいなと思いますが、私はやりがいを求めているだけなのです。誰からも必要とされたいのです。こんな私でも転職できるのなら、したいですがこのままここで今の仕事を究めるのもいいなと思います。

転職の応募書類の書き方とは

転職をするためには採用担当者が求める内容で応募書類を記入する必要があり、志望動機を文章として表現できるようにする必要があります。
転職をするためには志望動機を考えてから応募書類を作成する必要があり、漠然とした考え方ではなく転職先の職場でどのような社員になりたいかを書く必要があります。

曖昧な志望動機や印象の良くない志望動機には注意が必要カモ!
・漠然とした志望動機はNGカモ!
志望動機が具体的に決まっていないために、とりあえず熱意だけを訴えるというのはNGだね。面接官はなぜあなたがこの会社を選んだのかを知りたいのだから、どうしてこの会社を選んだのか、自分の経験やスキルなどをこの会社でどのように活かしていきたいのかなどを志望動機としてアピールする必要があるよ。

出典 転職カモちゃんの総合転職エージェントランキング

採用担当者は転職者に対して即戦力としての能力を期待しているために、環境を変えたいという漠然とした考え方でなく今までの経験をどのように活かすかを伝える必要があります。

転職とは就職とは違うために、限られた期間で企業に利益をもたらせるような人材になる必要があり明確なビジョンを考えることが大事です。採用担当者が求める内容を履歴書や職務経歴書などに表現し、興味を持ってもらえるような書類を作成し面接にも呼んでもらえるようにすることが重要です。